ニュース

コロナで事業に影響は?子どもとどう過ごしている?ママバトン代表の杉山さんに聞いてみた

コロナによる全国的な自粛が続く中、飲食店を初めてとして多くの事業者が苦境に立たされています。また、私生活では突然学校が休校になり、家庭の負担も増えています。

そこで、掛川暮らしのマガジンでは、3児の母親でもあり、ママバトン代表でもある杉山さんに、こんな状況を乗り越えるためのアイデアを伺ってみました。取材は、Zoomで行っています。

ママバトンとは?

ママバトンは、子育てを地域全体でシェアする目的で、子供用品を主とした物々交換会を開催しています。2020年6月で丸7年になります。

イベントは一切できないけど、手書き新聞が県内で人気に

編集部
編集部
こんにちは、掛川暮らしのマガジン編集部です。今日はインタビューを受けていただきありがとうございます。
杉山さん
杉山さん
こんにちは!ママバトンの杉山です。今日は、よろしくお願いします!
編集部
編集部
早速ですが、ママバトンについて伺います。コロナの影響は…、ありますか?
杉山さん
杉山さん
影響は…、ものすごく受けています。1回のイベントで400人ほど集客できるのですが、今はママバトンを開催できないので売上が…。今年、組織改革をする予定だったのですが、売上も立っていないのでどうしようかなと迷っているところです。
編集部
編集部
深刻ですね…。そんな時にインタビューを受けていただきありがとうございます。事業がコロナで影響を受ける中、手書き新聞を始めたと聞きました。きっかけはなんだったのでしょうか?
杉山さん
杉山さん
ここ5年間ほど「お母さん新聞」という手書き新聞を自費で作って、市役所などに置いていただいたり、ママバトンの時に配っていんですよ。もともと書くのが大好きで!
編集部
編集部
5年も前から!でも、なぜお母さん新聞を?
杉山さん
杉山さん
きっかけは、情報が届かないママが多いと感じていたからです。URLではなく、紙で渡したい気持ちがずーっとあって。私の子育て中は、コンビニの無料冊子を読むことが唯一の楽しみでした。その一個になってくれるといいなと。子どもが寝た後でいいから読んでみてと伝えて、渡しています。
編集部
編集部
コンビニの無料の雑誌、お気持ちよくわかります。
杉山さん
杉山さん
それで、このコロナになってから、イベントができないとしたら、自分に何ができるか?と考えたら、手書きの新聞くらいしかないなと。そんな時、静岡新聞の方と食事に行くことになって、その場に県内の新聞店さんが来ていたんですよ。「手書き新聞大好きで書いているんですけど、仕事ください」と、直球で聞いてみました(笑)。
編集部
編集部
さすが、積極性がすごい(笑)
杉山さん
杉山さん
そしたら、すごいことになって…。富士宮市の新聞店さんからご依頼をいただいたんです!休校期間が始まるから、お母さんが読んで参考になるものをお願いしますと。この手書き新聞は、富士宮市5万世帯のうちの2万2千世帯に入ったんです。さらに、それを読んだ人が、僕の会社のお客様に分けたいと。それで新しく縦バージョンの手書き新聞を作りました。
編集部
編集部
展開力がすごいです。掛川市内じゃなくて、市外からの依頼というのもすごい。
杉山さん
杉山さん
ありがたいことに、それからちょくちょくご依頼を受けていて、沼津からもご依頼がありました。
編集部
編集部
杉山さんも大変な中で、自分にできることを見つけて取り組むってなかなかできることじゃないですよ。掛川市内でも配れたらいいですね!
杉山さん
杉山さん
掛川では、欲しい人にはお渡ししています。今は、直接会って渡せないので、事務所のポストから自由にとってくださいという方式にしています。
編集部
編集部
手書き新聞拝見しましたが、イラストやデザインも自分でやられてるんですか?
杉山さん
杉山さん
全部自分でやっていますよ!美術系の学校を出たとかではなく、好きで書いています♪
編集部
編集部
(好きでもここまでやり込むって、すごいなぁ…)

子どもの自宅学習や息抜きのコツ

編集部
編集部
次に自宅での過ごし方を教えてください。杉山さんは、3児の母親という一面もありますが、休校になって変わったことはありますか?
杉山さん
杉山さん
最初は突然休校になって、バタバタしましたね。でも、徐々に子どもたちも自宅学習にも慣れてきて、うまく回っている気がします。
編集部
編集部
自宅学習…。私が子どもだったらできる気がしませんね…。杉山家で実践しているコツってありますか?
杉山さん
杉山さん
今、休校中にも関わらず、とっても宿題が多いんです。全然進んでいないと親も子もストレスなので、ある秘策をやってます!宿題をもらってきた日に、付箋にP1、P2、P3と書いて、全てのページ分の付箋を作って壁に貼る。宿題が1ページ終わるごとに、付箋を剥がす。これをやっています!

子どもは、付箋が減っていくのが嬉しくて、勉強を自らやってくれるんです。親も宿題の進捗具合を可視化できるので、ストレスを溜めなくて済みます。小さい子の場合は、予めキャラクターを紙に書いておいて、そこに剥がした付箋を貼っていくと、キャラクターが徐々に出てきてやる気がもっと高まりますよ(笑)

編集部
編集部
めっちゃ、良さげですね。大人にも応用できそう。
杉山さん
杉山さん
コツは、1ページずつ細分化すること。たくさんはがせるので、子どもも楽しんでできますよ。
編集部
編集部
すごい良さそうなんですけど、最初付箋作るの大変じゃないですか?
杉山さん
杉山さん
確かに1日かかります。でも、1日頑張れば、残りの日を快適に過ごせるんですよ?
編集部
編集部
た、確かにその通り…。

自宅時間を有意義に過ごすコツ

編集部
編集部
あと、自宅時間を楽しくすごすコツってありますか?
杉山さん
杉山さん
家庭によって様々な楽しみ方があるかもしれませんが、うちはトランポリンを置いています!
編集部
編集部
えええ?トランポリン?
杉山さん
杉山さん
もちろん、子ども用のトランポリンですが、縄跳びと同じで結構エネルギー使いますよ!縄跳びに飽きちゃった子は喜びます。ただ体重制限があって、親が一緒にやるときは注意が必要。トランポリンをやるために、ダイエットしないといけないかもです(笑)
杉山さん
杉山さん
あとはけん玉をしたり、近くを散歩したり。家の中でテントを張ったり、寝袋で寝てみたり、普段と違うことをしてみるのもおすすめです。マンネリ化こそ、ストレスだと思っているので!
編集部
編集部
杉山さんの家、楽しそうですね!色々、ためになるお話ありがとうございました!もっと聞きたいところですが、そろそろお時間です。お忙しい中、お時間ありがとうございました〜。
杉山さん
杉山さん
こんな感じで大丈夫でしたか?笑 こちらこそ、ありがとうございました!

ママバトンをフォローしておこう♪

今回インタビューを受けていただいた杉山さんが代表を務めるママバトン。現在はイベントを中止していますが、以下をフォローして次のイベント情報を待ちましょう!

Facebook

Instagramのタグ

ABOUT ME
アバター
しまけん
掛川在住の編集ライター。掛川でバリバリ取材してます!掛川暮らしのマガジンを運営しています。