ニュース

ならここの里が5月27日から営業再開。でも、県道掛川川根線は未だ復旧途中…

ならここの湯の外観

5月21日の雨による影響で休業をしていた「ならここの里」。5月27日から営業が再開されることが発表されました。

なぜ休業していた?

県道掛川川根線が土砂崩れにより、通れなくなっていました。土砂や木々が道路に広がり、全く通れない状況で、テレビのニュースにもなっていたほど。

ならここの里自体は被害はなかったものの、道路が通行止になったため、やむおえずお休みになっていました。

営業開始、でも途中半ば

ついに営業再開ということでホッとした一方、まだ完全ではないそう。

県道掛川川根線は5月27日(月)午前6時から片側交互通行により通行可能となります。なお、当分の間、片側交互通行になりますので十分注意して通行ください。
休業中、皆様にはご心配とご迷惑をお掛けしました。
心より皆様のお越しをお待ちしております。

片側通行のみということです!1週間ほどが経ちますが、それでも片道だけというのが被害の大きさを物語っています。とりあえず被害にあった人がいなかっただけよかった・・。

ならここの里はキャンプ場もあり、これからより賑やかになります。土砂崩れからの復興が早く進み、キャンプシーズンには普通に通れるようになって欲しいですね〜。

ABOUT ME
アバター
しまけん
掛川在住の編集ライター。掛川でバリバリ取材してます!掛川暮らしのマガジンを運営しています。