暮らし

バスより安い?掛川-東京を電車で、しかも格安で行く方法

電車を待つ女性

掛川-東京を移動するとき、安い行き方をついつい探してしまいます。

100円でもお得に行きたい。そのためには、手段を選ばない!というわけです。

そして、調べに調べ尽くして、ついに格安で掛川-東京を移動する方法を見つけました。その秘密の方法を大公開しちゃいます。

掛川-東京はそもそも電車が安い

まず掛川から東京、東京から掛川に移動する場合、すぐに思いつくのが新幹線。こだまで片道1時間36分と一瞬で到着しますが、金額は7340円。往復だと14680円。

正直、高い!

これが電車の場合、片道3時間56分とおよそ3倍の時間がかかるものの、片道の値段は4000円。往復で8000円なので、新幹線で往復するより6680円も安い!

圧倒的コスパの良さです!

しかも、乗り換え回数は最低1回。掛川-熱海-東京でOK。

ただですよ、電車だと時間が3倍もかかるんだから、徹底的に安く移動したいですよね。少なくとも、私は徹底的に安くしたいです。片道3時間56分という時間が同じでも、料金は4000円より100円でも安くしたいんです。

小田急線+JR線で運賃をより安く

掛川から東京に移動するとき、すべてJR線で移動するのが一般的です。でも、小田急線を使うと、乗車時間はそのままに運賃をより安くできるってしまっていましたか?

小田急線とは、東京の新宿と神奈川の小田原を結ぶ路線。掛川に住んでいるとほとんど見聞きしない路線ですが、これを使うことでより安く移動することができるんです。

料金はこんな感じ。

  1. 掛川-熱海-小田原 2,590円(JR線)
  2. 小田原→新宿 880円 (小田急線)
  3. 新宿→東京 200円    (JR線)

合計:3670円

なんと片道が3670円!往復でも、7240円です。JR線で移動した場合の8000円と比べると、760円も違います。この違いは大きいですよね?普通に駅弁買える料金です。

しかも、途中で新宿に降りられるのも最高。新宿に用事があるという人は、絶対小田急線を使ったほうがいいでしょう。

小田急線に乗っても時間は変わらない

ちなみに、小田急線に乗っても、到着時間はほぼ同じ。

  • 掛川-小田原 2時間35分
  • 小田原-東京 1時間14分

乗車時間は、合計3時間49分です。時間も同じで料金が安いとあれば、JRと小田急線を組み合わせるべきですね。

電車はバスより安い

最後に気になったのが、高速バスとの比較。調べてみたところ、掛川から東京へのバスは片道3880円でした。電車の片道運賃が、3670円でしたので、普通に電車の方が安いですね。

ということで、電車の勝利。格安で東京へ行きたいなら、電車がおすすめですよ!

掛川から浜松へ電車で移動する場合は、浜松まちなかお買い物きっぷがお得です。

 

ABOUT ME
アバター
しまけん
掛川在住の編集ライター。掛川でバリバリ取材してます!