静岡初!日本酒蔵とクラフトビール醸造所がクラフビールの共同開発を開始

2022年、創業150周年を迎える株式会社土井酒造場(本社:静岡県掛川市、代表:土井 弥市)は、掛川市内でクラフトビールを醸造する「Kakegawa Farm Brewing」と、日本酒酵母を使ったクラフトビールの開発を始めました。


2022年5月より打ち合わせを始め、2022年6月16日に初めての仕込みを行いました。夏の発売に向けて、これから開発を進めていきます。

市内の日本酒蔵とクラフトビールの醸造場がコラボをするのは、静岡県内で初の取り組みです!

取り組みの背景

1872年に創業した土井酒造場。メイン商品である「開運」は、日本全国にとどまらず、世界の品評会でも高い評価を得ています。今年で創業150周年を迎えるにあたり、伝統を大切にしながらも、日本酒の新しい可能性を求めた取り組みを開始いたしました。

代表からのコメント

土井酒造場 代表取締役 土井 弥市

当社ではこれまで、開運ブランドを筆頭に高品質の日本酒作りに取り組んできましたが、今年150周年を迎えるにあたり、掛川市内の企業様とさまざまな新しい取り組みを始めております。日本酒酵母を使ったクラフトビール作りは、当社もカケガワビール様も初めてとなります。どのようなビールができるか、今から楽しみにしています。

Kakegawa Farm Brewing 杉浦 健美

今回、お声がけをいただいて、日本酒の酵母を使ったビールの醸造を始めることができました。県内には日本酒酵母を使ったクラフトビールはありますが、同じ市内の日本酒蔵とクラフトビールの醸造所がコラボをするのは初めての取り組みです。ご期待に添えるようなビールをお届けできるように、試作をしていきたいと思います。

【会社概要】

社名:株式会社土井酒造場

本社所在地:静岡県掛川市小貫633

代表取締役:土井弥市

事業内容:日本酒の企画・製造・販売

HP:https://kaiunsake.com/

株式会社土井酒造場は、掛川市に蔵屋敷を構える日本酒蔵です。1872年に創業し、2022年に150周年を迎えます。それに伴い、イベントやコラボ商品の開発など、未来を見据えた新しい取り組みを始めています。

【会社概要】

社名:Kakegawa Farm Brewing(カケガワファームブルーイング)

本社所在地:静岡県掛川市肴町3−5

代表取締役:杉浦 健美

事業内容:クラフトビールの企画・製造・販売

HP:https://kakegawabeer.official.ec/

Kakegawa Farm Brewing (カケガワファームブルーイング)は、掛川市初のクラフト(地)ビール醸造所です。2018年4月より本格始動し、本場ベルギーで醸造修行をした職人と地場の特産物を積極的に取り入れたクラフトビール造りに取り組んでいます。