未分類

胃をリセット!コーヒー慣れした人の日常茶とは?

ちゃまてばこ

自宅にいる時間が長くなり、コーヒーを飲む人も増えたのではないでしょうか?そんな人にお勧めしたいのが、現在クラウドファンディングを実施中のちゃまてばこの「和紅茶」「ほうじ茶」。

コーヒーを止めるのではなく、コーヒーを楽しむためにお茶とローテーションをするという提案を行っています。

どんなお茶なのか?ご紹介していきましょう。

ちゃまてばことは?

ちゃまてばことは、静岡で生まれたお茶のブランド。県内のクリエーターやお茶屋さんが協力をして、誕生しました。今までは、ギフトボックスを主に販売していましたが、今回のクラウドファンディングは初めてのティーバッグに挑戦しています。

静岡県産の茶葉を使った「和紅茶」「ほうじ茶」

ちゃまてばこのオーナーは、元々コーヒーが好きでよく飲んでいたそうです。しかし、リモートワークでコーヒーを飲み過ぎるようになり、胃が疲れてしまったそう。そこで開発したのが、胃を休めるためのお茶。

「コーヒー」と比べると物足りないと感じないように、味と香りの強い川根産の茶葉を選定し、「和紅茶」と「ほうじ茶」を作りました。

現時点で、このプロジェクトは、35人以上の人から7万円以上の支援を集めています。金額も1500円から支援ができるので、気になる方は支援してみてはいかがでしょうか?

>胃をリセット!コーヒー慣れした人の日常茶とは?

https://camp-fire.jp/projects/view/381552

 

ABOUT ME
アバター
しまけん
掛川在住の編集ライター。掛川でバリバリ取材してます!掛川暮らしのマガジンを運営しています。
RELATED POST
ニュース

コロナで事業に影響は?子どもとどう過ごしている?ママバトン代表の杉山さんに聞いてみた

2020年5月14日
掛川暮らしのマガジン
コロナによる全国的な自粛が続く中、飲食店を初めてとして多くの事業者が苦境に立たされています。また、私生活では突然学校が休校になり、家庭の負担 …