暮らし

【2019掛川納涼祭レポ】街中はお祭りムード!屋台やバンド演奏、すごく盛り上がりました!

8月といえば、夏祭り。

掛川市内では2019年8月3日(土曜日)・4日(日曜日)の2日間に渡って、納涼祭が開催されました!今回初めて行ってみたのですが、想像を完全に超えていく規模でした。

まさか、駅前がホコ天なになるなんて…。

こんな規模で駅前でできる市って、他にないんじゃないかなと…。

そこで、今回は掛川納涼祭2019をレポしてみたいと思います!

掛川北口から徒歩1分の場所で開催

掛川納涼祭が行われたのは、掛川駅から徒歩1分の場所。そう、目の前です!北口の改札を出て道路を超えたら、そこからお祭りムード。

私が到着したのは午後6時。ほぼ開始時間に到着したつもりだったのですが、すでに人が集まり熱気に溢れかえっていました。「おおおぉぉぉ、すごい人の数!!」と唸ってしまいましたね。

掛川駅前がホコ天になっていました!

普段はスーパーや居酒屋が溢れている道路ですが、納涼祭の時間帯は完全にホコ天になっていました!お店も所狭しと道路に出ていて、お祭りムード一色。浴衣で来ている人たちもちらほらいて、見ているだけで涼しさを感じました。

これだから、日本のお祭りっていいんですよね。

溢れんばかりの飲食店

そして、お祭りといえば、皆さんなにを想像しますか?

そうそう、屋台です!!

焼きそば、たこ焼き、りんご飴。

どれもお祭りに食べるからこそ、特別な味わい、そして思い出になります。道に沿って歩いていくと、とにかく出店の数がすごい。

普段は飲食店を営んでいる人たちも参加して、本格的な料理が出されていました。

そして、2019年のホットな話題であるタピオカドリンクもありましたよ!

祭りといえば、たこ焼きは忘れちゃいけないですね〜。たこ焼き屋さんもたくさん出ていました。

そしてお酒類も充実。

掛川ビールさんも出店をしていて、ビールや料理を提供していました!お祭りに掛川ビールは欠かせないですね!緑茶のビールがすっごくおいしいですよ〜!

雑貨も豊富にあった

食べ物がメインではありましたが、中には雑貨を並べているスペースもあって、ついつい見てしまいました。可愛いクマさんが、1つ400円。

お祭りというと基本は飲食店だけですが、こうして雑貨屋さんも並んでいるあたり、掛川納涼祭の特徴といってもいいかもしれません。「掛川市民、全員参加!」みたいな雰囲気、好きです。

バンド演奏やダンスも披露されました!

なんとなんと、バンド演奏も行われていてびっくり。道路がステージになるなんて、この機会くらいしかないのでは?お酒を飲みながら、バンド演奏を聴けるって素敵ですね!

それに加えて、ダンスも行われていました。かなり人が集まっていて、熱気を肌で感じましたよ!特に今回、学生が多く街に来ていることを実感しました。普段は街中で学生を見ることって、多くはありませんが、この期間はすごく多くの学生が街に来ていて、やっぱり若い力あってこその街だなと思った限りです。

色々な飲食店例!

掛川の街中が人で溢れかえった2日間

この2日間、掛川の街中は老若男女で溢れていました。孫の手を引くおじいちゃんおばあちゃん、友達と浴衣で街中を歩く学生。普段あまり見ることができない景色が、この2日間に凝縮されていました。この熱気がこれからも続くように、継続しなければいけませんね!

今年逃した人は、来年参加しましょう!もしくは、秋祭りがこれ以上の規模で開催されるので、その時にぜひ参加してみてね!

ABOUT ME
アバター
しまけん
掛川在住の編集ライター。掛川でバリバリ取材してます!