おいもや|掛川の干し芋や焼き芋の人気スイーツを紹介!社長にもインタビュー

おいもや

掛川で干し芋の販売を手がける「おいもや」。楽天Shop Of the Yearで15年連続で受賞し、全国的にファンの多いブランドです。

今回、株式会社おいもやの関谷社長と掛川にある店舗を取材し、美味しさの秘密を調査してきました!

時代を先駆けてECに挑戦

社会人として数社で働いた後、父親が経営していた平松商店に戻ってきた関谷社長。

ちょうど、海外産の干し芋が国内で流通し始めたタイミング。価格競争になり新しい販売先を探し求めたところ、インターネットに辿り着きました。

しかし、インターネット通販が今のように盛んではなかった2003年。回線はADSLでした。当時は、干し芋をインターネットで売る企業はなかったといいます。さらに、ホームページ制作の知識もなく、文字通りゼロからのスタートでした。

当時はお金がなかったから、全部自分でやりました。本を買ってきて、HTMLを覚えて自分でホームページも作りました。

それから楽天の存在を知人から教えてもらい、楽天に出店。ネットショップをオープンして、全国のお客様とコミュニケーションを取りながら、声を拾って改善を繰り返していきました。

そして2006年、今では全国的に見かける「畑のオーナー制度」を開始。オークション制度を取り込み、1年目から2年目にかけて大きく注目を集めました。

その時からオーナー様に向けて、芋を掘ってバーベキューをするようなイベントを開催。お客様と顔を合わせて、一緒になってイベントを楽しむ中で、今振り返ること、これが仕事の原点だと言います。

当時、西は大阪、東は北海道の人がオーナーになってくれました。今は芋フェスという名称に変えて、700人が集まるイベントになっています。バーベキューをして、近くの海で風を感じて、自然溢れる掛川の良さを感じてもらっています。

掛川にはおいもやの実店舗がある

インターネット販売が中心ではあるものの、掛川市には直営店があります。ここでは、おいもやのさまざまな商品を購入できるだけではなく、アイスクリームなどのスイーツ類も充実!

おすすめを聞いたところ、1つは半生干し芋「二代目の干しいも」。

今までの硬い干し芋ではなく、柔らかくねっとりした食感が特徴です。これが大ヒットとなり、今では看板商品になっています。

実際食べてみたら、衝撃的な柔らかさと甘さでした!

おいもやの干し芋は、無添加・無着色。さつまいもを蒸して、乾燥させて販売しているので、砂糖も含まれていません。それなのに甘いのは、おいも本来の甘さを引き出しているからです!

 

 

干し芋以外の人気商品も!

干し芋の他にも、さつまいもを使った商品がたくさんあります。暑い時期におすすめなのが、こちらの冷やし焼き芋。ひんやりとしていてクリーミーな食感が特徴で、子どものおやつにもぴったり。

 

 

掛川市の直営店では、アイスクリームやパフェなども販売しています。まだもう少し暑さが続きそうですので、お店に寄ったらぜひ食べてみてください!

これからさつまいもを食べたくなる季節がやってきます!

おいもやの楽天ページには、干し芋やイモンブランなど他にも商品がたくさんありますので、ぜひチェックしてみてください。

名称 株式会社おいもや
住所 静岡県掛川市大渕9641
Instagram https://www.instagram.com/oimoya/?hl=ja
Twitter https://twitter.com/oimoya_com
楽天 https://rakuten.co.jp/oimoya

掛川のビデオグラファー「SAGISAKA STUDIO」で動画公開


掛川で動画や映像の制作を行なっているSAGISAKA STUDIOさんが、おいもやさんの魅力が詰まった1分動画を制作してくれています!あわせてチェックしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。